満感、腹痛など過敏性腸症候群にも似たさまざまな腸運動異常による症状が出ることがある。また症を起こした状態は憩室炎であり、治療を要する。憩室出血や憩室炎といった合併症の出現頻度は10-20%である。憩室炎は、憩室内に便がたまることで引き起こされるが、多くは強い腹痛、発熱、下血といった症状を伴
6キロバイト (1,610 語) - 2016年10月27日 (木) 12:37



(出典 nonvey.oops.jp)


★この病気はなめているととんでもないことになります。

1 名無しさん@おーぷん :2014/10/14(火)11:17:13 ID:N4p7Vr1oL

38歳
発病前:178cm 99kg
発病後:84kg
終わったwwww


【大腸憩室炎つらいんご・・・】の続きを読む