医療にゅーすまとめ

医療に関するニュースや話題、面白い話などをまとめています。

    医療に関するニュースや話題、面白い話などをまとめています。

    脳機能障害



    (出典 kusuriusa.com)



    1 トト◆53THiZ2UOpr5 :2017/03/11(土)19:47:40 ID:SWH

    自閉症に効果「オキシトシン」 脳内作用の一端解明 金大など
    2017年3月11日

     愛情や信頼といった社会性に関わる脳内ホルモン「オキシトシン」を自閉症者に
    長期間投与すると、別の脳内ホルモンで安心感を保つ働きをする「セロトニン」が
    増えることを、金沢大などの研究グループが発見した。オキシトシンが脳内で
    作用するメカニズムの解明に役立つと期待される。

     研究者は、金沢大病院神経科精神科の広沢徹助教=写真(右)=や、金大子どもの
    こころの発達研究センターの菊知充教授=写真(左)=ら。成果は八日、自閉症研究で
    最も権威ある米国学会の機関誌「オーティズム・リサーチ」オンライン版に掲載された。

     オキシトシンとセロトニンは相互に作用し合い、感情に基づいた行動を調節している。
    自閉症は社会性の欠如が主な症状。脳内のセロトニン伝達に異常があり、セロトニンが
    健常者よりも少ないことが既に知られていた。

    (以下略)

    ※全文は中日新聞でご覧下さい。
    http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20170311/CK2017031102000046.html


    【【医療】自閉症に効果「オキシトシン」 脳内作用の一端解明(金沢大など)】の続きを読む


    双極性障害(そうきょくせいしょうがい、英: Bipolar disorder)は、躁(そう)状態(躁病エピソード)と鬱(うつ)状態(大うつ病エピソード)の病相(エピソード)を繰り返す精神疾患である。ICD-10では、うつ病とともに「気分障害」のカテゴリに含まれている。古い呼び名では躁うつ病、あるい
    77キロバイト (16,933 語) - 2016年11月21日 (月) 13:19



    (出典 image.slidesharecdn.com)



    1 名無しさん@おーぷん :2016/07/13(水)19:20:58 ID:2kU

    社会人1年目だが、成長とともに
    多動症の軽減を感じ喜んだのもつかの間、
    新たに双極性障害と思われる思考パターンを
    していることが発覚するww
    人生って辛いわwwww


    【【悲報】軽度ADHDワイ、新たに双極性障害の疑いがかかるww】の続きを読む

    このページのトップヘ