医療にゅーすまとめ

医療に関するニュースや話題、面白い話などをまとめています。

    医療に関するニュースや話題、面白い話などをまとめています。

    ニュース


    「自分にはあらゆる病気を治す特殊な力がある」と言って両親にインスリンの投与をやめさせ、7歳男児を死亡させた男に求刑15年





    1 記憶たどり。 ★ :2017/03/17(金) 17:08:37.74 ID:CAP_USER9.net

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170317/k10010915471000.html

    おととし、糖尿病を患う7歳の男の子がインスリンの投与を中止されて
    死亡した事件で、インスリンの投与をやめさせて男の子を死亡させたとして、
    殺人の罪に問われている男に対し、検察は「子どもの難病に悩む両親の
    心につけ込んだ身勝手な犯行だ」として懲役15年を求刑しました。

    栃木県下野市の建設業、近藤弘治被告(62)は「自分にはあらゆる病気を治す
    特殊な力がある」などと言って、おととし4月、1型糖尿病と診断された宇都宮市の
    小学2年生、今井駿くん(7)へのインスリンの投与をやめるよう両親に指示して
    死亡させたとして、殺人の罪に問われています。

    17日、宇都宮地方裁判所で開かれた裁判員裁判で、検察は
    「被告は子どもの難病に悩む両親の心につけ込み、医学的な効果のない治療と
    称する行為を行った。その行為によって、金銭を受け取ることを子どもの命よりも
    優先した身勝手な犯行だ」として、懲役15年を求刑しました。

    一方、弁護側は「被告は治療行為をしようとしただけで、子どもにインスリンを
    打たないことを選択したのは両親だ」などと述べて、無罪を主張しました。

    判決は今月24日に言い渡される予定です。


    【「自分にはあらゆる病気を治す特殊な力がある」と言って両親にインスリンの投与をやめさせ、7歳男児を死亡させた男に求刑15年】の続きを読む



    (出典 www.hosp.go.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2017/03/17(金) 08:16:56.56 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170316-00050188-yom-soci

    精神科治療を行う、広島県福山市の福山友愛病院(361床)が
    昨年11~12月、統合失調症などの患者6人に本来は必要のない
    パーキンソン病の治療薬を投与していたことがわかった。

    病院を運営する医療法人「紘友(こうゆう)会」の末丸紘三会長の
    指示による投薬で、病院側は取材に「使用期限の迫った薬の
    在庫処理がきっかけの一つ」と説明。患者の一人は投与後、
    嘔吐(おうと)し、体調不良となっていた。

    病院によると、末丸会長は病院で精神科医としても勤務しており、
    昨年11月28日~12月6日、主治医に相談せず、パーキンソン病の
    治療薬「レキップ」の錠剤(2ミリ・グラム)を統合失調症などの患者
    6人に投与するよう看護師に指示し、複数回、飲ませた。
    また末丸会長は、通常の8倍の投与量を指示していた。


    【【医療】在庫処理のため、必要ない薬を患者に大量投与。(広島県 福山友愛病院)】の続きを読む



    (出典 www.hospital.sasebo.nagasaki.jp)



    1 ◆qQDmM1OH5Q46 :2017/03/15(水)10:47:43 ID:???

    ◆大規模な中国のワクチン治験
    石岡 荘十

    ランセット(Lancet)と並んで世界的に権威のある医学誌だとされるNEJM(The New England Journal of Medicine)が、
    「さまざまな年代群における新型インフルエンザワクチン」 (A Novel Influenza A (H1N1)Vaccine in Various Age Groups)
    と題する論文を掲載し、専門家の注目を集めている。(原文は下記)

    (略)

    自治医科大学感染免疫学講座・臨床感染症学部門准教授の森澤雄司氏は「この論文は二重の意味で、衝撃だった。
    臨床医学のレベルで日本は中国にはるかに及ばないこと、日本のワクチン戦略が世界標準から大幅にずれていることが浮き彫りになった」と述べている。

    森澤氏は厚労省の新型インフルエンザワクチンに関する意見交換会などで、専門家の立場から積極的に発言しているだけでなく、
    前厚労相に対しても医系技官の施策に批判的な意見を述べてアドバイスしているが、

    同氏はさらに「日本では200人という規模で臨床試験をやっただけで、中間結果が報告されたのは10月16日だった。
    それに対して、中国では(大規模な)臨床試験の結果が既にNEJMに掲載されている。もう率直に言って、話にならない。

    続き Netmo 百家争鳴
    http://hyakka.seesaa.net/article/447864271.html


    ◆◆◆ 東亜+ スレ立て依頼所 ★7 ◆◆◆
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1488182826/260


    【【医療】大規模な中国のワクチン治験】の続きを読む



    (出典 kusuriusa.com)



    1 トト◆53THiZ2UOpr5 :2017/03/11(土)19:47:40 ID:SWH

    自閉症に効果「オキシトシン」 脳内作用の一端解明 金大など
    2017年3月11日

     愛情や信頼といった社会性に関わる脳内ホルモン「オキシトシン」を自閉症者に
    長期間投与すると、別の脳内ホルモンで安心感を保つ働きをする「セロトニン」が
    増えることを、金沢大などの研究グループが発見した。オキシトシンが脳内で
    作用するメカニズムの解明に役立つと期待される。

     研究者は、金沢大病院神経科精神科の広沢徹助教=写真(右)=や、金大子どもの
    こころの発達研究センターの菊知充教授=写真(左)=ら。成果は八日、自閉症研究で
    最も権威ある米国学会の機関誌「オーティズム・リサーチ」オンライン版に掲載された。

     オキシトシンとセロトニンは相互に作用し合い、感情に基づいた行動を調節している。
    自閉症は社会性の欠如が主な症状。脳内のセロトニン伝達に異常があり、セロトニンが
    健常者よりも少ないことが既に知られていた。

    (以下略)

    ※全文は中日新聞でご覧下さい。
    http://www.chunichi.co.jp/article/ishikawa/20170311/CK2017031102000046.html


    【【医療】自閉症に効果「オキシトシン」 脳内作用の一端解明(金沢大など)】の続きを読む



    (出典 internet.watch.impress.co.jp)



    1 名無しさん@おーぷん :2017/03/11(土)14:01:06 ID:IjD

    ワイはコタツ入りながら金八先生の再放送見てた
    他局は地震速報やったのにTBSは根性見せて放送続けてたが
    EDの贈る言葉のイントロになって地震速報になった
    ちな録画済み


    【3.11の時何をしていたか報告する】の続きを読む

    このページのトップヘ