医療にゅーすまとめ

医療に関するニュースや話題、面白い話などをまとめています。

    医療に関するニュースや話題、面白い話などをまとめています。

    感染症



    (出典 www.hospital.sasebo.nagasaki.jp)



    1 ◆qQDmM1OH5Q46 :2017/03/15(水)10:47:43 ID:???

    ◆大規模な中国のワクチン治験
    石岡 荘十

    ランセット(Lancet)と並んで世界的に権威のある医学誌だとされるNEJM(The New England Journal of Medicine)が、
    「さまざまな年代群における新型インフルエンザワクチン」 (A Novel Influenza A (H1N1)Vaccine in Various Age Groups)
    と題する論文を掲載し、専門家の注目を集めている。(原文は下記)

    (略)

    自治医科大学感染免疫学講座・臨床感染症学部門准教授の森澤雄司氏は「この論文は二重の意味で、衝撃だった。
    臨床医学のレベルで日本は中国にはるかに及ばないこと、日本のワクチン戦略が世界標準から大幅にずれていることが浮き彫りになった」と述べている。

    森澤氏は厚労省の新型インフルエンザワクチンに関する意見交換会などで、専門家の立場から積極的に発言しているだけでなく、
    前厚労相に対しても医系技官の施策に批判的な意見を述べてアドバイスしているが、

    同氏はさらに「日本では200人という規模で臨床試験をやっただけで、中間結果が報告されたのは10月16日だった。
    それに対して、中国では(大規模な)臨床試験の結果が既にNEJMに掲載されている。もう率直に言って、話にならない。

    続き Netmo 百家争鳴
    http://hyakka.seesaa.net/article/447864271.html


    ◆◆◆ 東亜+ スレ立て依頼所 ★7 ◆◆◆
    http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1488182826/260


    【【医療】大規模な中国のワクチン治験】の続きを読む



    (出典 www.kenko-dream.jp)



    1 あずささん ★ :2017/02/17(金) 17:13:47.42 ID:CAP_USER9.net

    ビタミンDのサプリメント摂取によって、英国で300万例以上のかぜやインフルエンザの罹患を減らすことができるとする研究が、このほど発表された。ビタミンDには、免疫システムを助ける効果があるという。

    研究結果は、医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)に掲載された。論文はビタミンDが添加された食品の普及を訴えている。

    一方、英イングランド公衆衛生サービス(PHE)は、感染に関するデータが十分ではないと指摘したが、ビタミンDのサプリメント摂取は推奨。骨や筋肉の健康向上のためにビタミンDを摂取するべきだとしている。

    免疫システムは、菌やウイルスに穴をあける「武器」を作る際に、ビタミンDを活用する。

    しかし、ビタミンDは日光を浴びた皮膚の中で生成されるため、冬には不足しやすい。(以下省略)
    ※以下の部分はソース元にてご確認ください。

    ソース/BBC
    http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-38989446


    【【医療】ビタミンDのサプリ、かぜ・インフル予防に有効・・・(英研究)】の続きを読む



    1 LingLing ★@\(^o^)/ :2017/02/11(土) 10:34:23.77 ID:CAP_USER.net

    ずさんな口蹄疫防疫…政府、17年間3千億円を無駄に ハンギョレ新聞 2/11(土) 7:04配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170211-00026491-hankyoreh-kr

    ・2000年以来8回発生、殺処分の牛・豚391万頭 補償金・所得安定など政府財政3270億円使用
    ・解決策としてワクチン導入されたが、口蹄疫の発生止まらず
    ・牛0.8%だけを抗体検査、ワクチン接種の事後管理のずさんさが明らかに

    口蹄疫が初めて発生した2000年から昨年まで17年間、牛と豚の殺処分補償金など直接的な被害の収拾に3兆3千億ウォン(約3270億円)の政府予算が使われたことが分かった。
    二種類のウイルスが同時に発生して、流入経路すら把握するのが容易ではないなど、口蹄疫の問題は複雑さを増しているが、ずさんな防疫体系により被害が拡大している。
    10日、農林畜産食品部の資料によると、口蹄疫は国内で2000年以来、8回にわたり発生し、短くは15日から長くは147日まで続いた。2010年以降はさらに頻繁に発生している。
    16年間、殺処分された牛と豚だけで390万5千頭に達し、殺処分補償金・所得安定など、被害の収拾に使われた政府財政だけで3兆3192億ウォンに達する。

    歴代最悪の口蹄疫は2010年11月から2011年4月まで145日間発生したが、豚332万匹と牛15万頭など348万頭が殺処分された。
    その時に講じられた対策がワクチンの接種だった。ワクチンの接種には1年に900億ウォン(約89億円)ほどかかる。
    昨年基準で国費が371億ウォン(約37億円)、地方費が159億ウオン(約15億7千万円)、農家の負担が388億ウォン(約38億円)など、ワクチンの接種に917億ウォン(約91億円)が費やされた。

    しかし、ワクチン接種も口蹄疫を防ぐには不十分だった。ワクチンを義務化したが、2014年12月から2015年4月まで147日間185件、昨年は21件の口蹄疫が発生した。
    今年も忠清北道報恩(ボウン)、全羅北道井邑(チョンウプ)、京畿道漣川(ヨンチョン)で相次いで口蹄疫が発生し、拡散の兆しを見せている。
    今まで牛825頭が殺処分された。今回は2つのタイプのウイルスが初めて同時発生し、防疫にも困難を極めている。口蹄疫は、鳥インフルエンザとは異なり、空気感染で広がる。
    100キロメートル以上離れた忠清北道報恩と全羅北道井邑の口蹄疫ウイルスが同じ類型であることが明らかになったことを受け、農林部は「全国各地にウイルスが広まっているようだ」と説明した。

    このように口蹄疫拡散の危険性が高い状況で、ワクチンの接種は最も核心的な防疫だが、ワクチンの接種に対する政府の管理のずさんさが明らかになり、不安がさらに高まっている。
    ワクチンが義務化されてから7年目になっても、政府は事後管理をきちんとしていないことが分かった。 昨年、牛を飼っている9万8千の農家の7%である6900カ所だけが抗体検査を受けた。
    頭数からすると、牛330万頭のうち0.8%である2万7千頭で、ワクチンの効果を検証するシステムが極めてずさんであることがわかった。
    実際、口蹄疫が確認された忠清北道報恩の農場は、抗体形成率が19%、全羅北道井邑は5%に過ぎないなど、防疫に穴が開いた。
    これに対して農林部関係者は「これまで豚に集中的に口蹄疫が発生しており、牛のワクチン接種を疎かにした側面があったと思われる」とし、「ワクチンが十分に接種されたかを確認できるように農場点検の回数を増やして対象の牛数も拡大する方針」だと話した。

    一方、忠清北道報恩で再び確定判定が出て、口蹄疫はすべて4件に増えた。初めて口蹄疫が発生した乳牛農場から1.3キロメートル離れた炭釜面(タンブミョン)の韓牛農場(115頭)だ。
    今回の口蹄疫は忠清北道報恩、全羅北道井邑と同じ「O型」であるが、発生農場の抗体形成率は30%で非常に低かった。新たに発症した報恩の農場と近い他の農場からも抗体形成率が6%に過ぎなかったものと調査された。

    キム・ソヨン記者、清州/オ・ユンジュ記者


    【ずさんな口蹄疫防疫…韓国政府、17年間3000億円を無駄に】の続きを読む



    (出典 chlostanin.co.jp)



    1 ◆HeartexiTw 胸のときめきφ ★(アタマイタイー 9981-yh+J [104.155.218.91]) :2017/02/02(木) 19:54:48.09 ID:CAP_USER90202.net

    大阪大学(阪大)は1月31日、ロタウイルスの人工合成に成功したと発表した。

    同成果は、同大微生物病研究所の金井祐太 特任講師(常勤)、
    同 小林剛 准教授らの研究グループによるもの。詳細は、
    米国科学誌「米国科学アカデミー紀要
    (Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States
    of America:PNAS)」に掲載された。

    *+*+ マイナビニュース +*+*
    http://news.mynavi.jp/news/2017/02/02/452/  VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured


    【【医療】ロタウイルスを人工的に合成することに成功(大阪大学)】の続きを読む



    1 ダース・シコリアン卿 ★ :2017/02/03(金) 13:34:12.62 ID:CAP_USER

    2017年2月1日、メキシコの医薬品管理当局はこのほど、誤って陽性の結果をもたらす可能性のあるHIV(エイズウイルス)検査キット約4万7000個を押収した。すべて中国製だという。

    米政府系放送局ラジオ・フリー・アジア(RFA)の中国語ニュースサイトが伝えた。

    AP通信によると、当局は、政府の医療倉庫でキットが押収されたことを明らかにした上で、「治療を受けていない患者の命を危険にさらす可能性がある」と述べている。

    Record china 配信日時:2017年2月3日(翻訳・編集/柳川)
    http://www.recordchina.co.jp/a162582.html

    (出典 img.recordchina.co.jp)


    【【医療】メキシコで欠陥あるHIV検査キット4万7000個押収、すべて中国製】の続きを読む

    このページのトップヘ